Apple AirPods Pro 第2世代は耳に危険?

家電製品

Apple AirPods Pro 第2世代は耳に危険?

DENZYです。
電車に乗って移動する時間を有効に使いたい。
けれど電車の中は揺れるので、読書をしづらい。
では、ワイヤレスイヤホンで音楽を聴こう。
と、思ったものの……。
電車の中って、騒音が激しい。
騒音に負けないようにイヤホンの音量を大きくすると、
電車を降りたとき普通の音が聞き取りづらくなっている。
そこで耳が疲れていることに気づく。
そのうち耳が難聴になってしまうのではないかと心配になる……。
そんなこと、ありませんか?
そのとき、思いついたのです。
「今の時代、騒音を打ち消すイヤホンがあってもいいじゃないか……。」
そこで「騒音」「イヤホン」などの単語で検索し、
ノイズキャンセリング機能に優れていると噂の
最新ワイヤレスイヤホン
Apple AirPods Pro 第2世代
を買いました。
ちょっと高かった……。^^;
というわけで今回は、
Apple AirPods Pro 第2世代
レビューします。
さあ始まり、はじまりぃー💃

ノイズキャンセリングは危険?

どうやって騒音を消すの?

はじめに、周りの雑音が消される仕組みはどうなっているのかというと――

音というのは微量な振動というのはご存じですね。つまり音は波によって耳に届きます。

ノイズキャンセリングの原理は騒音と同じ波を逆から出すことで、騒音を打ち消すということ。

この仕組みによって音が聞こえなくなるのです。

絶妙というか……不思議ですよね。

イヤホンが周りの音を聞き取り騒音を選り分けて

同じ振動を逆から出すことで打ち消す!

こうして音楽のみを聴くことが出来ます。

ノイズキャンセリング機能とは「音楽の波」と「騒音を打ち消す波」が出されているという事です。

騒音の波は打ち消され、音楽のみ聞こえる……凄い仕組みですね。

でも、それって耳に危険じゃない?

ノイズキャンセリング機能自体が耳に有害ということはありません。むしろヘッドホン難聴を防ぐためにWHOからノイズキャンセリング機能を推奨されている程です。
WHOでは、ヘッドホンやイヤホンで音楽などを聞くときには、耳の健康を守るために、以下のようなことを推奨しています。
  • 音量を下げたり、連続して聞かずに休憩を挟んだりする
  • 使用を1日1時間未満に制限する
  • 周囲の騒音を低減する「ノイズキャンセリング機能」のついたヘッドホン・イヤホンを選ぶ
(厚生労働省ウエブサイトより)
ただ、長時間聞き続けることで疲れる人はいるようです。

 

使用感は?

イヤホンを装着してすぐに分かるのは、ノイズキャンセリング性能の高さです。

その感じを一言で表すならば「静寂」。

AirPods Pro(第2世代)を耳に装着した瞬間、まるで耳栓をしているかのような静けさ。

電車に乗っていても、車が走っている街中でも、一瞬で静寂を生み出します。

掃除機のような機械音も音楽再生時はほとんど聞こえることなく、音楽に没頭できる空間を作り出してくれます。

電車で移動中……。

在宅ワークで作業中に音楽を聞くとき……。

通話をする際……。

自宅で使用するくらいであればほとんどの音を無音に近い状態にしてくれました。

この性能を生かして――

音楽だけでなく動画コンテンツを電車などの大きめな騒音の中で視聴しています。

今までなら、走行音がうるさくて肝心のセリフを聞き逃してしまったりなんてこともあったり……。

しかし、AirPods Pro第2世代は電車の中でも一言一句逃しません。

驚くべきノイズキャンセリング性能の高さ。

音質は?

音質については他のレビューをたぐってみても、みんな良いと言ってるので、「良い」と言う以外に何を付け加えるべきか言葉に悩みました。

私からは第一世代よりも低音が強くなり、聞こえる音が増えたことを申し添えます。

これまで聞こえてこなかった音が聞こえるようになりました。

高音域もですが特に低音域で解像感が上がり、音に包まれている感覚……。

音圧も上がったように感じます。

なんというか音が大きく感じます。

感圧センサー&タッチコントロールの操作性が良い

感圧センサーとはステム部分(耳から出たうどんのように見える持ち手のところ)の押す回数(1回~3回)による動作また長押しすることで、曲の再生や曲のスキップなどの操作ができる機能です。

タッチコントロールはこれに加え、ステムを上下にスワイプすることで音量調節が可能になりました。

私ははじめ持ち手をなぞるのが使いづらいのでは……? と思っていた偏見を打ち破り、音量調節機能は意外と使いやすいです。

充電ケースは高級感あり

AirPods Pro第2世代の充電ケースにはストラップループが備えられており、バッグやリュックなどに取り付けることができます。

またスピーカー内蔵なので、紛失したときにアプリから操作して大きな音を鳴らすことが可能。

さらにMagSafe充電(マグネットを使用したワイヤレス充電システム)に対応しました。

ちなみにApple Watchの充電器でもワイヤレス充電できます。

これにより旅行や出張時の充電類ができるようになりました。

気になるバッテリーの持ちは――。

1 回の充電の連続音楽再生時間が最大6時間、ケース込みだと最大30時間です。

長時間の音楽鑑賞や動画の視聴であっても耐えられるバッテリーです。

もし注文を付けるとすれば

装着したときのフィット感はもう少しガッツリくるほうが良いですね。

耳に引っ掛けるフックのようなものがあれば完璧だと思います(見た目はダサくなりますが)。

でもそれって、個人の感想ですよね。

はい、個人の感想です。

すみませんでした。

こんな人にお勧め

・AppleのiPhoneを使用している人
→ iPhoneに限らず、iPad, Macを使用してる人も含む。端末間の切り替えが非常にスムーズで手間がかからないので、これを体験したら他のイヤホンに移行できない。

・音楽をよく聴く人(特にHipHop, ダンスミュージックなどの低音が強い音楽)

・ワイヤレスイヤホンを今まで使用したことがない人

まとめ

AirPods Pro第2世代は少し値段が高いですが、私的には満足してます。

DENZYでした。

タイトルとURLをコピーしました